〔映画の時間〕

    
      

~ナミヤ雑貨店の奇蹟~

             

 2012年のある深夜。敦也、翔太、幸平の不良3人組は、事件を起こし隠れ家となる空き家を探していた。そこで3人は、翔太が見つけた廃屋で、以前は店主が悩み相談を行っていたことで知られる「ナミヤ雑貨店」に身を隠すことになる。3人が身を潜めていると、シャッター越しに1980年の人物からの相談が投函されるようになる。半信半疑ながらも文通を重ねるうちに、3人は衝撃の真実にたどり着くこととなる。

      

 本作品は、群像劇であり児童養護施設「丸光園」を中心に綿密な伏線が張られているのが最大の特徴である。また、舞台である1980年の商店街の穏やかでノスタルジックな世界観とは裏腹に、登場人物の死や後悔、苦悩などがリアルに描かれている。

      

 3人は回答するうちに、相談者の幸せを願い真剣に回答していたことに気付く。一方で、32年前の今日、ナミヤ雑貨店店主、浪矢雄治が亡くなったこと、彼の生前の希望で、かつて相談を受けた人に向けて今日の深夜、その後を知らせる手紙を投函してほしいということ、その手紙は32年前の浪矢店主に届くという事実を知る。浪矢店主のもとにたくさんの感謝の手紙が届けられる中、32年後では、その現象の確証が欲しい敦也が白紙を投函する。白紙を受け取った浪矢店主は、彼に向けて人生最後の回答を送る。

      

 この映画の主題歌であり挿入歌である「REBORN」。これには「再生」という意味がある。この物語にはたくさんの「再生」があった。浪矢店主の回答を受けた敦也ら三人は、非行をやめ人生をやり直す決意をする。一方で、彼らの人生を再生に導いた浪矢店主は32年前の今日亡くなる。幾つもの人生が交錯する本作の「奇蹟」を、ぜひとも体感していただきたい。

           
    

ご案内

      

×印をクリックすると画面が閉じます。

    

シェア

      

        

                   
      

    

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第625号(2017年11月号)