〔映画の時間〕

    
      

~ダンケルク~

             

 第二次世界大戦下、ドイツ軍によりフランスの大部分が侵略され、イギリス、フランス両軍40万人がフランスの港町であるダンケルクに追い詰められ袋のネズミ状態となる。さらにドイツ軍の爆撃機による空爆が彼らに刻々と迫りつつある中、イギリス軍は彼らを救出するためのダイナモ作戦を発令。史上最大の救出作戦が開始される。

      

 物語は、ダンケルクでドイツ軍の攻撃から懸命に生き延びようとするイギリス兵、40万人を救うため志願しダンケルクに向かう民間の遊覧船一行、ダンケルクに空爆を行うドイツ軍爆撃機を撃墜しダイナモ作戦の支援を行うイギリス軍の戦闘機パイロットの三者のストーリーが時に時系列をさかのぼながら絡んでいく群像劇の形式で進んでいく。

      

 この映画の特徴は台詞が少ないこと、そして登場人物の過去や人物像などの説明のシーンがほぼ存在しないことだ。人物描写を削り、大部分を銃声、爆音、戦闘機の金切り音で表現した。戦争のあるがままの姿にフォーカスし、観客に戦争映画を見てもらうのではなく、追い詰められたイギリス軍の一人になった気分で戦争を体感してもらうというノーラン監督の意図があるからだ。事実、恐ろしいほどの臨場感がそこにはあった。

      

 さらに注目すべきは「数字」である。6時間で船がくる、戦闘機の燃料の残りが50ガロン、一人降りれば船が沈まないなどのさまざまな数字が本編中には現れる。その数字をどのように捉え、突きつけられた2択のどちらを決断するのか、この連続がこの映画の全てといっても過言ではない。また本編中にはBGMに秒針の音が刻まれており、その決断を下すまでの制限時間を表しているような演出になっており焦燥感を募らせた。

      

 決断の連続の果てにダイナモ作戦は、予想の3万人を上回る30万人の救出に成功する。まさに3万人を30万人にするための命懸けの足し算。その足し算のためになにが犠牲になり、なにを救ったのか。ぜひそれを劇場に赴き、あなたもダンケルクのイギリス兵の一人となり目撃してほしい。

           
    

ご案内

      

×印をクリックすると画面が閉じます。

    

シェア

      

        

                   
      

    

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第624号(2017年10月号)