こだわりのカフェ

    
      

特別な時間を

      
        
          
                
  • ハンモックキッチンの店内

    ハンモックキッチンの店内

  •             
  • Cafeゆうの外観

    Cafeゆうの外観

  •             
  • Cafeゆうの店内

    Cafeゆうの店内

  •             
  • Cafeゆうの店内

    Cafeゆうの店内

  •           
        
      
      

 喫茶店やカフェと聞くとどのような店を想像するだろうか。椅子やソファに腰かけ、軽食やドリンクを飲みながら思い思いの時間を過ごすことができるカフェ。近頃、一風変わったコンセプトをもつカフェが人気を呼んでいる。今回はその中でも店内の内装やシステムにこだわったカフェを紹介しよう。

      

 JR高槻駅から徒歩10分ほどの距離にある「ハンモックキッチン」は、その名の通り店内にハンモックがつり下げられており、自由に座ることができる。南向きの店内は明るいが狭い空間を利用しているため、どこか隠れ家のような雰囲気がある。店おすすめのキッシュを食べた後に、ハンモックに腰かけ、ドリンクを飲みながらゆったりとした時間を過ごせば、リラックスすること間違いなしだ。

      

 大阪駅から15分ほど歩くと木々や植木が青々と茂り、大阪駅周辺の賑やかさから一転した静かな雰囲気の中に店を構えるカフェがある。「Cafeゆう」は陶芸教室「ゆう工房」がプロデュースする器カフェである。店内の壁面には工房で作成された陶芸品が展示されており、こだわりの家具や照明とともにまるで一つのアートギャラリーであるかのように店内を作り上げている。メニュー注文時に好きな器を選ぶことができ、お気に入りの和陶器でドリンクを楽しむことができる。

      

 最後に京都にあるカフェを紹介する。烏丸御池駅から徒歩5分、京都文化博物館の斜め向かいに手作り石鹸の店「京都しゃぼんや」がある。その店舗の奥に併設された京町家スペースにて、金、土、日、祝日限定で足湯カフェがオープンしている。足湯30分、選べるお茶、お茶菓子セットを1500円で提供している。足湯に浸かりながら京町家の雰囲気を味わうことができ、身も心も温まる空間となっている。

      

 今回挙げた以外にも、ユニークなカフェは数多くある。その店でしか味わうことができない良さや面白みがあるのだ。一度行ってみると、はじめに想像したカフェのイメージがより豊かなものになるかもしれない。

           
    

ご案内

      

×印をクリックすると画面が閉じます。

    

シェア

      

        

                   
      

    

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第624号(2017年10月号)