攻守共に課題が残る

    
      

龍産戦2連敗

      
        
          
                
  • 試合の様子

    試合の様子

  •             
  • 試合の様子

    試合の様子

  •             
  • 試合の様子

    試合の様子

  •             
  • 試合の様子

    試合の様子

  •           
        
      
      

関西六大学野球春季リーグ戦

      

5月4日から5日にかけてわかさスタジアム京都で関西六大学野球リーグ、平成29年度春季リーグ戦、龍谷大学対京都産業大学の試合が行われた。4日の初戦は、4回表に京産大に先制点を取られ裏に逆転するも、5回、7回に追加点を許し、5対2で京産大が初戦を制する。5日の2戦目は、6回に京産大が2点先取する。龍大は巻き返せず、これが決勝点となり、京産大が勝利。龍産戦は龍大の2敗という結果に終わった。

      

      

 1戦目は序盤両チームともランナーを出すが、要所を締めて点を与えない。試合が動いたのは4回、京産大が1点を先制する。その裏龍大は主将吉田のセンター前ヒット、4番宮崎のフェンス直撃の2塁打、正木のタイムリーヒットと続き、2点を獲得して逆転。5回に龍大は1死満塁のピンチとなるも、同点に抑える。しかし、7回には悪送球などの守備の乱れもあり、龍大は3点を奪われる。7回、龍大が2死満塁のチャンスを迎えるも得点には結びつかず、1戦目は5対2で京産大の勝利となった。

      

 2戦目、先発塩田が5回まで無失点で抑えるも、龍大は4回までノーヒット。5回に石井が二塁打を放つも、後が続かずなかなか得点できない。両チームとも無失点のまま迎えた6回、京産大が2点を先制する。8回に龍大は代打を積極的に起用し、出塁するも流れを変えることはできない。9回には打者3人の選手交代を行い勝負に出るも、見せ場を作れずにこの試合は0対2で京産大の勝利となった。

      

 <b>吉田主将の話</b><br>「これだけ大勢の方の応援やOB含め監督、コーチに恩返しできないということが何よりも悔しい。実力自体は変わらないと思っていたが、これだけ連敗が続くと、技術的な力の差があるのではないかと思う。何か変えないと同じ結果が続くと思うので、勝つためにどうするのかもう一度原因を掘り下げて考えていく必要があると思う。」

           
    

ご案内

      

×印をクリックすると画面が閉じます。

    

シェア

      

        

                   
      

    

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第623号(2017年6月号)