第96回創立記念降誕会

    
      

様々なイベント開催

      
        
          
                
  • メインデー初日の「灯」

    メインデー初日の「灯」

  •             
  • メインデー初日の「灯」

    メインデー初日の「灯」

  •             
  • メインデー初日の「灯」

    メインデー初日の「灯」

  •             
  • メインデー初日の「灯」

    メインデー初日の「灯」

  •           
        
      
      

 第96回創立記念降誕会が4月29日から5月26日にわたって開催された。創立記念降誕会とは、親鸞聖人の生誕と本学の創立記念を併せて祝うイベントだ。96回を迎える今回のテーマは「芽吹く」。オーバーナイトハイクやゲストを招いた講演会など、さまざまな企画が期間中に行われた。

      

 5月13日、14日に深草学舎においてメインデーが開かれた。自分だけのフラワーボトルを作ることができる「お花のガラスボトルづくり」、ミニゲームを楽しみながら親鸞聖人について知る「遊んで学ぶ!親鸞聖人ツアー」が両日行われた。また、学友会に所属するサークルによって協賛展示や発表も行われ、来場者を楽しませた。

      

 メインデー一日目の13日、深草宗教企画として消しゴムはんこを作成するワークショップが開かれた。参加者は消しゴムを桜の花の形に彫り、完成したはんこを用いて一つの掛け軸に色鮮やかな桜を咲かせた。メインデー初日は「灯(ともしび)」で締めくくられた。学内に設置された多くのろうそくが小雨に降られながらも、消えることなく静かに輝いた。

      

 二日目にはゲスト声優によるゲストイベント、その後エンディングイベント「GOTANE PARTY!」が中央ステージにおいて行われた。このイベントでは参加者全員がイベントに参加できるようになっており、参加者はチーム対抗でのボールリレーや、本学にまつわるクイズ、フォークダンスを楽しんだ。最後には抽選会が行われ、ゲストイベントでのサイン色紙や映画のチケットなどが当選者に贈られた。

      

 今回のテーマである「芽吹く」は、浄土真宗の精神を多くの人々に伝えるあらゆるイベントや交流を通してさまざまな個性に出会い、自らを省み、新たな個性が芽吹くことができるようにという願いのもとに掲げられた。多くの来場者や学友にとって実りある創立記念降誕会になったのではないだろうか。

           
    

ご案内

      

×印をクリックすると画面が閉じます。

    

シェア

      

        

                   
      

    

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第623号(2017年6月号)