乗馬で楽しく健康に

    
      

ダイエット効果も!?

      
        
          
                
  • レッスン中の馬の様子

    レッスン中の馬の様子

  •           
        
      
      

 ホースセラピーというものを知っているだろうか。日本ではあまり聞きなれないが、外国では積極的に取り入れられている動物介在療法(アニマルセラピー)の一つである。スイスやドイツでは健康保険が適用されているほどだ。乗馬は心理的にも身体的にも良い効果が期待される。今回はそのような乗馬について紹介する。

      

 馬は群れで行動するため社会性を持ち、人に対して従順で心優しい動物である。また「馬が合う」という言葉があるように、馬にはそれぞれ個性があり、性格や指示に対しての反応もさまざまである。馬の気持ちを考えて指示や世話をすることで気持ちが通じ合う喜びが生まれる。

      

 乗馬によって得られる身体的効果として、筋力向上、姿勢の矯正、内臓機能の向上、ダイエット効果などが挙げられる。乗馬は水泳やウォーキングと同じ有酸素運動であり、ただ馬に乗っているだけに見えても、全身の筋肉を動かしているのだ。あるデータによると、乗馬45分あたりのカロリー消費量はジョギング1時間分に匹敵するという。そして乗馬による適度な振動は、消化器や排泄などの内臓機能の向上に効果がある。

      

 筆者は大阪にある乗馬クラブの体験乗馬に参加した。簡単な講習を受けてさっそく乗馬。職員の方によると「乗っている人の緊張は馬にも伝わる。姿勢が崩れたりすると、歩くのをやめてしまう」という。職員の方に手綱を引いてもらい、ゆっくり歩く練習や馬を停止させる練習を行った。乗馬中の視線の高さや馬の体温や歩く揺れを感じることは、今までに体験したことのない感覚であった。

      

 クラブの会員の方は乗馬を始めたきっかけとして「馬に触りたかったから」「ダイエット効果があると聞いたから」と話した。興味のある学友は気軽に乗馬を体験してみてはどうだろうか

           
    

ご案内

      

×印をクリックすると画面が閉じます。

    

シェア

      

        

                   
      

    

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第622号(2017年4月号)