京都コーヒー専門店

奥深さを味わう

  • %ARABICA Kyoto 店内の様子

    %ARABICA Kyoto 店内の様子

  • %ARABICA Kyotoのコーヒー

    %ARABICA Kyotoのコーヒー

 京都と言えば神社仏閣、お茶、和食、京文化などを思い浮かべる人が多いだろう。新たな京都の魅力としてお勧めするのが本格コーヒー専門店だ。京都は全国都道府県別、コーヒー消費量が第1位で、老舗から新興の店舗が点在する。そこでコーヒーの奥深さを味わえる専門店を紹介したい。

 まず紹介するのが、%ARABICA Kyotoである。「日本から世界に通用するコーヒーブランドを作りたい」という思いから京都にオープンしたコーヒー店で、国籍を問わず多くの人が訪れる今話題の店である。オーナーは実業家、店長はラテアートの日本人世界チャンピオンが務める。こだわりの豆と焙煎マシンによって極上の一品が楽しめ、また焙煎コーヒー豆も販売しているので家でもアラビカのコーヒーを気軽に飲むことができる。

 次におすすめするのはイノダコーヒだ。京都市に本店、本社を置く創業1940年の老舗喫茶店で「京都で最も愛され、親しまれているコーヒー店」と呼び声が高い。アラビアの真珠をはじめとする自家焙煎コーヒー豆を使用し、「京都の朝はイノダから」と言われるようにモーニングセットも人気である。

 足を伸ばすと北山にもコーヒー店が存在する。CIRCUS COFFEEだ。築約100年の町屋を改装した店で、店名のCIRCUS(=集まる)にあるように「人々が集い出会う市のような店」を目指している。生豆鑑定マスターが世界から厳選した豆を集め、そのコーヒーの持つ個性を活かし、ストーリーを紹介してくれる。世界のトップクオリティーのコーヒーを楽しめるだろう。

 本学深草学舎の近く、伏見稲荷付近にもVermillion espresso bar&infoがある。「伏見稲荷観光の拠点として愛されるカフェに」とオーナーの地元である伏見稲荷にオープンし、以前住んでいたオーストラリア・メルボルンのスタイルを基調とし、店名のVermillion(=朱色)は稲荷大社にちなんでいる。元田中のWEEKENDERS COFFEEの自家焙煎コーヒーをこの店用にブレンドし、程よい酸味のあるコーヒーを味わうことができる。

 京都の新たな楽しみとしてぜひ歴史ある街で至福の一杯を味わってみるのはいかがだろうか。それぞれの店ならではのコーヒーを堪能してほしい。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第620号(2016年11月号)