知ってもらいたい!
改正労働者派遣法

 改正労働者派遣法を知っているだろうか。すでに今年の9月30日に施行されたのだが、この派遣法について知っている学友は少ないと思う。これは非正規労働者に対し極めて不利なものなのだ。学友にはぜひともこの派遣法について知ってもらいたい。以下、改正労働者派遣法について大まかな内容を説明する。

 改正労働者派遣法とは、これまでは期間の上限なく同じ職場で働くことができた派遣労働者に、一部の業務を除いて最長3年だった派遣期間の制限を、原則としてすべての業務において適用させるというものである。つまり、派遣労働者は3年ごとに勤める会社を変えなければならないのだ。政府は派遣労働者の対策として、雇用安定を図るため、派遣会社に3年間働いた派遣労働者の調節雇用を派遣先に依頼したり、新しい派遣先を紹介したりすることを義務付けている。だが、派遣労働者からは「長い間働いていた職場を離れ、新しい職場でまた1から仕事を覚えなければならない」など反対の声があり、派遣労働者側から賛同の声が聞かれることは極めて少ない。

 一方、経営者側からすれば、この派遣法はメリットとなる。正社員よりもコストの低い派遣労働者を3年ごとに雇うことができるため、人さえ入れ替えれば無期限に派遣労働者を使い続けることができるのだ。よって、会社は非正規社員を正規社員よりも掛かるコストを低く抑えることができる。

 以上が、改正労働者派遣法の大まかな内容だ。この派遣法が派遣労働者をはじめとする非正規社員に対し、いかに不利な法案であるかが分かってもらえたであろう。今後、多くの学友が行うであろう就職活動において、この派遣法について知っておくことは大変重要なことである。もし就職活動に失敗し非正規社員になることを余儀なくされれば、今後、正社員になることが難しくなるとともに、改正労働者派遣法が施行されている現在、正規社員に比べ安定した生活を送ることも難しくなるだろう。多くが企業への就職を希望している学友にとって、この派遣法の存在を知って損はないはずだ。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第616号(2015年12月号)