神戸大に惜敗
チャンスを生かせず

  • 岩崎選手

    タッチダウンを決めた岩崎選手

  • 岩崎選手

    タッチダウンを決めた岩崎選手〔紙面掲載〕

  • 試合中

    試合の様子

  • 試合中

    試合の様子

  • 試合中

    試合の様子

  • 試合中

    試合の様子

  • 試合中

    試合の様子

  • 試合中

    試合の様子

  • 試合中

    試合の様子

  • 岩崎選手

    タッチダウンを決めようと走る岩崎選手

  • 岩崎選手

    タッチダウンを決めようと走る岩崎選手

  • 試合後

    試合後、観客へ挨拶

  • 得点表

    得点表

関西学生アメリカンフットボールリーグ

11月21日、関西学生アメリカンフットボールリーグ龍谷大学対神戸大学戦がEXPO FLASH FIELDにて行われた。前半、龍大がタッチダウンを決め先制する。しかし神大に逆転を許し、6対7で前半を終える。後半、神大に二つのフィールドゴールを決められ点差を広げられる。龍大も諦めず試合終了間際、タッチダウンを決め1点差に迫る。しかしこのチャンスを生かすことができず、惜しくも12対13と龍大の敗北で終わった。

接戦を繰り広げる

 第1Q開始5分、QB上田からの20ヤードを超えるパスをWR井貝が神大のディフェンスに阻まれながらも見事にキャッチし、そのままタッチダウンを決める。龍大はその後も積極的なプレーを見せるが神大の守りも固く、この節での追加点獲得はならなかった。 

 第2Q、開始直後に神大に自陣5ヤード付近まで一気に攻められてしまう。ピンチを切り抜けたい龍大だが、神大QB桜井にディフェンスを突破されタッチダウンを決められる。神大は続くトライフォーポイントでのキックも成功させ戦況を覆す。そのまま6対7と接戦のまま前半を終えた。

 後半第3Q開始5分、龍大は神大K田中に30ヤードのフィールドゴールを決められ点差を広げられてしまう。最終第4Qを6対10で迎え、なんとしても得点したい龍大は、開始直後神大のスナップが乱れる大きなミスによりチャンスを獲得する。果敢に攻めるも神大の安定したディフェンスにより前進を阻まれる。開始7分またもや、神大K田中に37ヤードのフィールドゴールを許してしまう。しかし試合終了3分前、龍大RB岩崎が神大の隙を突きタッチダウンを決め6点を獲得する。龍大はトライフォーポイントでの逆転を信じ、プレーを選択した。龍大は奮闘するも神大にボールを奪われ、最大のチャンスを生かすことができなかった。そのまま試合は終了し龍大は12対13と惜しくも勝利を逃した。 

吉田監督の話
「タッチダウンを取り、2ポイントで逆転というところで逆転できなかったところに自分たちの弱さを感じる。あと1歩のところを来年はクリアしていきたい」

河原主将の話
「この最終戦に全てをかけてプレーした。選手全員が頑張り、良いプレーもあった。あともう少しを後輩たちにつかみとってほしい」

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去記事一覧 第616号(2015年12月号)