WEB版限定記事
そうだ 紅葉、見に行こう。 おすすめ紅葉スポット紹介

  • 紅葉

    京都の紅葉

 秋といえば食欲、芸術、スポーツなどを連想するのではないだろうか。また秋といえばで外せないのが紅葉である。京都は寺社仏閣が多く点在し紅葉名所が多いことからこの季節、多くの観光客でにぎわいを見せる。ここでは今秋行っておきたいおすすめの紅葉スポットを紹介しよう。

 まず初めに紹介したいのが、本学深草学舎にも近い東福寺だ。山内には2000本を超える楓があり、通天橋の架かる洗玉澗辺りから眺める紅葉の波は圧巻である。11月1日から12月6日まで看楓特別公開が開催され、通常より30分早く通天橋などの拝観ができる。見頃は11月下旬から12月上旬だ。

 次に紹介したいのが永観堂である。古今集に「もみじの永観堂」と詠まれるほどひときわ紅葉の美しさで知られ、多宝塔が紅葉で包み込まれる光景は幻想的である。11月6日から12月3日まで秋の寺宝展が開催され、夜間拝観が行われるので普段とは違った姿が見られる。永観堂といえば、顔を斜め後ろに向けた珍しいみかえり阿弥陀像も必見である。こちらの見頃は11月中旬から下旬頃だ。

 三つ目に紹介するのが 毘沙門堂である。山科の北端に位置し清閑な佇まいを見せる。落葉でレッドカーペットのようになる参道の石段は有名で、平常は閑静な境内も紅葉期には多くの来山者でにぎわい、晩秋の落葉の時期早朝に訪れると紅葉風景を独り占めすることができる。11月15日から30日にかけて夜間拝観も行われるので行ってみてほしい。11月中旬から下旬頃が例年の見ごろである。

 最後に紹介したいのが清水寺である。季節を問わず観光客の絶えない清水寺は京都の有名な人気観光スポットであるが、桜そして紅葉の名所としても名高い。清水の舞台の下は錦雲渓と呼ばれ楓の木々が見事に紅葉する。清水寺でも11月14日から12月6日の夜間拝観が行われるので、昼間見る紅葉ももちろんだが、夜空に映える紅葉のライトアップは感動すること間違いないだろう。こちらの見頃は11月下旬から12月上旬だ。

 この他にも京都には紅葉の隠れスポットから名所まで紅葉を楽しむことができる場所が多く存在する。秋期は特別公開や拝観などが数多く開催されているので探してみてほしい。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去記事一覧 第615号(2015年11月号)