来てからでは遅い
今から備える防災グッズ

  • 防災グッズ

    実際に購入した防災グッズ

 震災などの自然災害が起きた非常時、被災者には迅速な対応が求められる。そんな時に役立つのが防災グッズだ。いざという時すぐに持ち運べるよう事前に準備をしておきたいところだが、実際に常備している下宿生や家庭は少ないのではないだろうか。そこで自宅で最低限そろえておきたい防災グッズを紹介する。

 まず、最優先で準備すべきものは食料と水だ。家族や自身の命を守るためにも最低三日分は用意しておきたい。水は一人当たり1・5リットルのペットボトル5本、食料は缶切りが要らない缶詰、インスタント食品など、火を通さずに食べることができ、保存期間が長いものが良い。あめや、チョコレートなどの体力の消耗を防ぐことが可能な嗜好品を用意するのもおすすめだ。

 次に、けがをした場合には救急箱が必要になる。消毒液やばんそうこうの他、普段自分が使っている常備薬も入れておきたい。また、寒さの厳しい冬に重宝するのが、毛布や上着などの衣類だ。一つのリュックには入りきらないことも考えられるので、圧縮袋などを活用すると良い。使い捨てカイロも場所を取らずに準備することができるためとても便利だ。  その他、携帯用簡易トイレやティッシュ、歯ブラシ、ラジオ、乾電池、懐中電灯など身の回りの生活用品がある。また、油性の黒マジックがあると離れ離れになった家族へ自分の安否を伝えるために紙に書いて貼っておいたり、れんがなどに伝言を書いたりすることができる。家族写真など、自分にとって大切なものも用意しておきたい。

 災害はいつ、どこで起きるか誰にも予測できない。最近では百円ショップでも気軽にそろえることができるため、日頃から万全な準備や確認をして、万一の時に備えてほしい。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去記事一覧 第614号(2015年10月号)