多様な学び空間が誕生
深草に続き瀬田にも

  • グループ学習にも最適な設備〔紙面掲載〕

  • スチューデントコモンズは智光館地下

  • ホワイトボードなども利用できる

 9月18日、瀬田学舎にラーニングコモンズがオープンした。このラーニングコモンズは、4月に深草学舎に開設されたものと同様、三つの機能別コモンズで構成される。瀬田学舎にこれまであったライティングセンターやイングリッシュラウンジなどでの学修支援を継承し、三つのコモンズそれぞれの特徴を生かした効果的な展開をしていく。

 当日は、シアトルズベストコーヒーとの合同オープニングセレモニーが行われ、赤松徹眞本学学長が挨拶を述べた。その中で、「施設を大いに利用し、主体的な学び、活動を深めることを期待する」と学友への期待を語った。

 また、スチューデントコモンズでは「“デジタル技術とアナログ技術の融合”、セラミック・アーカイブ」と題した講演会が、グローバルコモンズでは講演会「グローバル社会で働くということ」など数多く開設記念イベントが開催された。ナレッジコモンズが設置された瀬田図書館では、10月29日まで二つの特別展観を行う。そのうちの一つ「農作物による芸術展と関連図書資料」展は、「農作物」をテーマに、龍谷大学池坊華道部、書道部蟠龍會、陶芸部がそれぞれ作成した作品や関連書籍が展示されている。中でも池坊華道部と今年度新設された本学農学部が協力し制作した生け花には、農学部農場で収穫した作物が使用された。なお、この作品の展示は終了している。

 瀬田図書館事務部は「図書館の豊富な資料を使い、仲間と議論し、理解を深め、知識を習得できる。確かな図書資料をもとに、議論をする場として活用して欲しい」と、ナレッジコモンズの積極的な利用を呼びかける。  グローバルコモンズとスチューデントコモンズは智光館の2階と地下1階、ナレッジコモンズは瀬田図書館地下1階だ。多彩な機器や備品の貸し出しも行われるが、予約が必要な場合もある。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去記事一覧 第614号(2015年10月号)