スポーツコラム
《ハーフタイム》~女性ファン獲得へ、プロ野球新時代~

 球場に足を運ぶとよく目にする女性たち。お気に入りの選手のユニフォームやアクセサリーを身に着けて観戦する光景がどの球場でも見られるようになった。それに合わせてグッズも女性向けのデザインとなっていたり、イベントを大々的に行うなど、野球観戦の雰囲気が大きく変わりつつある。

 いまやプロ野球球団は、女性ファン獲得に余念がない。広島東洋カープの「カープ女子」の成功を受けて新たに展開するところが多く、女性の観客動員数上昇とともに成績も上向いていることから、球団の新たな戦略として考えられる。

 例えば、オリックス・バファローズでは「オリ姫デー」と称し、来場者の女性全員にピンクのユニフォームやタオルを配っている。福岡ソフトバンクホークスでもオリックス・バファローズと同様「タカガールデー」と称して来場者全員にピンクのユニフォームやタオルを配り、球場全体をピンク一色にしたりもしている。また、ブームの火付け役となった広島東洋カープでは新たに女性ファン獲得のため、広島までの新幹線代を負担し、化粧品などがもらえる「関東カープ女子ツアー」を実施している。阪神タイガースも対抗すべく、女性ファンのことを「TORACO(トラコ)」と称してイベントを行ったりと、球団同士のし烈な争いが続いている。

 しかし、こうした女性ファン急増に古参のファンは心配の声を上げている。事実、選手の容姿だけを目当てにしたり、ルールをよく分かっていないなど、野球本来の楽しみ方ではなくなってきている。だが、まず球場に足を運び雰囲気だけでも楽しむということが良いのではないだろうか。球団が足を運びやすいような環境づくりを行うことで女性たちも次第に野球本来の楽しみ方を分かってくるはずだ。

 若者の野球離れが叫ばれる昨今、女性ファン急増は新たな希望となれるのか。ペナントレース以外にも、こうした球団同士の争いに注目だ。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去記事一覧 第613号(2015年6月号)