便利に活用しよう
学生向けクレジットカード

18歳になると、自動車運転免許の取得など、できるようになることが増える。そのひとつに、クレジットカードの保有も挙げられる。

クレジットカードとは、後払いで代金を支払う代金決済手段である。近年では、公共料金の支払いなども気軽に利用できる。代金は後払いのため、カード発行には、職業や年収、信用情報などを基に、代金支払い能力を有する人なのか審査がある。通常、無収入の人は代金支払い能力が無いため審査に通るのが難しい。それでは、学生はカードを持つことができないのか。実はそうではない。

学生向けのクレジットカードが各社から発行されている。学生向けと一般向けカード、基本的な機能は同じであるが、学生は一定の収入があるわけでは無いという点などから、カード利用上限額が低く、キャッシング機能が無いものが多い。

このような制約はあるが、一般向けカードにはない特典も数多くある。例として、年会費無料やポイント還元率が高いこと、旅行保険が自動付帯になるなどが挙げられる。

便利でお得な一方で、リスクもある。例えば、利用しても現金がすぐに手元から減らないため、返済困難な金額まで利用が膨らんでしまいかねないといったことだ。カードを申し込む際には、信用情報機関に個人の情報が登録される。この機関には、氏名や生年月日、過去のカード利用履歴なども記録される。万が一、支払いが遅れた場合、その情報も登録されてしまうのだ。延滞した分を支払っても情報を消去することはできず、一定期間、期日に支払いができなかった人として登録される。そのような状態では、新規カード発行や携帯電話の分割購入ができなかったり、社会人になってからもローンが組めなかったりする。

もちろん利用した分の支払いが期日にできれば、問題は無い。自分の利用方法に合わせたカードを見つけ、有効に利用してほしい。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第612号(2015年4月号)