京文化とのふれあい
はんなり舞妓

舞妓さん
八坂神社での舞妓さん

一年を通して多くの観光客が訪れる京都。その中でも、華やかに彩られた歴史を誇る花街には上七軒、祇園甲部、祇園東、先斗町と宮川町の五花街があり、夕方には舞妓や芸妓の行き交う姿を見ることができる。今回はこの花街できらびやかに着飾り、美しさ、優雅さを日々競い合っている舞妓の文化について紹介したいと思う。

舞妓の始まりは今から約300年前、八坂神社などの門前町にあった茶屋で、参拝客にお茶などを振る舞った女性が原形であると言われている。次第に茶屋の女性たちが舞や歌を披露するようになり、芸妓にあたる女性が生まれ、やがて少女にかわいい着物を着せ、舞を踊らせるようになったのが舞妓の始まりなのだ。

舞妓は芸妓になる前の15~20歳位の少女のことを言う。舞妓になるためには、「置屋」という舞妓の面倒を見て、育成する場所で舞や作法、花街言葉などを習得する「仕込さん」という修行期間を過ごし、お姉さんを決め、舞妓としてお目見えする「見世出し」を経て、晴れて舞妓になることができる。

基本的に芸妓になる前の5~6年の修業期間を舞妓と呼び、この期間に一通りの舞や三味線、おはやしなどを勉強するので、いきなり芸妓になることはできず、「襟替え」という儀式を経て芸妓になることができる。芸妓になると舞妓は地毛でまげを結うのに対し、芸妓はかつらになり、衣装も裾引きの着物にお太鼓の帯を締め、稽古内容も高度になり、姉として舞妓を指導する立場になるのである。

舞妓について一部しか紹介できなかったが、興味を持っていただけただろうか。4月1日から30日にかけて京都の祇園甲部歌舞練場で「都をどり」という舞踊公演も行われるので、ぜひ舞妓について調べてみてほしい。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第612号(2015年4月号)