来夏にも新体育館着工へ
平成26年度全学協議会

11月20日、本学深草学舎紫英館大会議室にて、平成26年度全学協議会が行われた。この協議会は、大学をより良くするために、学友と大学、それぞれの代表が意見交換や議論をする場である。

今回の議題は、「建学の精神のさらなる普及と研鑽(さん)」、「瀬田学舎における学生生活の活性化」、「安全・快適な学生生活の形成」、「学生のより良い正課環境の形成」、「学術文化局の活動施設の現状と深草学舎における既存の施設の改築」、「体育局からの要望」の六つだ。今年度も学友側がアンケートを基に現状を示した上で要望や質問、意見をし、大学側が回答を行う形となった。

「瀬田学舎における学生生活の活性化」に関連し、来春、学舎移転を予定する国際文化学部学友の、移転に伴う負担軽減について要望が出された。この件について、すでに本学生協や龍谷メルシー社が住宅相談などの支援を行っていると説明した。また、深草学舎での学生増加に伴い駐輪場の増設を行うとも述べた。

また、課外活動場所の不足を理由に、瀬田学舎への部室棟新設について要望した。新棟の建設は、用地の関係で不可能と回答した。しかし、青朋館などの既存施設にある、空きスペースを利用できるのではないかとの代替案が示された。

以前より挙がっていた、学内の防犯に関しての議題では、警備巡回を増やすといった策を実施していると回答した。また、犯罪が起きないような体制づくりの検討を今後も重ねたいとした。

そして、「体育局からの要望」では、新体育館についての詳細を説明してほしいと求めた。建設は決定していたが、これまで、詳細な情報は公表されていなかったからだ。新体育館は、本学深草学舎近隣の平田町校地に設置される。メインアリーナの他に、トレーニング室4 室、ミーティング室と多目的会議室が各3室などからなる課外活動優先の体育館だ。すでに施工業者は決定しており、2015年7月に着工、16年11月の完成を予定する。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第611号(2014年12月号)