第92回龍谷祭

笑顔きらめく五日間 多様な催し開かれる

  • 燃え上がる龍

    龍谷祭を締めくくるLast Fire

瀬田学舎にて10月25日と26日、深草学舎にて10月31日から11月2日に、龍谷大学第92回龍谷祭が開催された。今年は「万華鏡」というテーマの下、仮装大会やミスコン、ラジオの公開収録など、多様な催しが開かれた。各サークルや団体による持ち込み企画や展示、模擬店も、「万華鏡」の彩りをより鮮やかなものにしていた。瀬田学舎では昨年と比べて穏やかな気候となった一方で、深草学舎では天候が不安定だったものの、連日多くの人が本学に訪れていた。五日間にわたる催事は、大きなトラブルに見舞われることなく閉幕した。

瀬田学舎で迎えた初日、開会式で副学長の池田勉教授は「受け継いでいくところは大切にしつつ、新しいものを作る意気込みに期待しています」と語った。同日、「ミス&ミスターコンテスト2014」が開かれ、男女各5人が特技や勝負服を披露するなどし、一位の座を競い合っていた。

翌日は「仮装大会~仮装しな祭~」が催され、男性は女装、女性はコスプレをし、ジェスチャーゲームなどを通じて優勝者が決められた。また、大会の途中では、女と男、スマイルの二組がゲストライブを行った。エンディングイベントである「BUBBLY FESTIVAL~人魚姫の初恋~」では、学友によって演奏やダンスなどがなされた後、ビンゴ大会が開かれた。日が沈んだ頃からは、一号館前で灯火が照らされていた。

深草学舎での龍谷祭初日は「Opening Ceremony 2014」から始まり、同日昼には「夢の大抽選会」が開かれ、ゲストとして招かれたダイアンのトークや抽選会によって、会場は大いに盛り上がっていた。

二日目はFM802が放送しているラジオ番組「ROCK KIDS 802」の公開収録が行われた。ラジオDJである平野聡さんによる進行の下、BIGMAMAの金井政人さんと柿沼広也さん、ストレイテナーのホリエアツシさんがトークやアコースティックライブを披露した。

そして最終日には「MissCampus Ryukoku 2014」が催され、袴姿の参加者がミス龍谷の座を競い合った。また、会の途中では「模擬店グランプリ」の受賞式が行われた。最後を飾る「Last Fire 2014~万華鏡~」では、パフォーマンス対決が行われた後、龍の舞が繰り広げられた。最後はその体に火が放たれ、龍谷祭は幕を閉じた。

ご案内

×印をクリックすると画面が閉じます。

シェア

龍谷大学新聞社トップページ 過去記事一覧 第610号(2014年11月号)