言葉の由来

    
      

意外と知らない名づけの理由

             

 私たちは日常生活でさまざまな言葉や単語を目にするが、由来はなんなのかと意識して考えることはあまりない人が多いだろう。そこで、今回は日常生活で目にする言葉や単語の中から、いくつか面白い由来を持ったものを紹介したいと思う。

      

まず、iPhoneを持っている人なら知っているであろう「siri」の由来を紹介する。「siri」は、2010年にiPhoneを販売しているApple社が買収した企業「siri」に由来している。ちなみに、この企業名の「siri」の正式名称は「Speech Interpretation and Recognition Interface(発話解析・認識インターフェース)」である。また、ノルウェー語で「勝利へと導く美しい女」という意味を持つ、現地の女性名にもかけられている。

      

続いて、代表曲「3月9日」や「粉雪」などで知られている3人組ロックバンド「レミオロメン」のバンド名の由来について紹介する。この名前の由来は、メンバーでじゃんけんをし、勝った順に1文字、2文字、3文字好きな文字を選び繋げたものである。ヴォーカル・ギター担当の藤巻は、イギリス出身のロックバンド「レディオヘッド」が好きなことから「レ」、ベース・コーラス担当の神宮司は当時の彼女の名前と自分の名前の頭文字を取って「ミオ」、ドラム・コーラス担当の前田は路面電車が好きなことから「ロメン」を取り、それらを繋げて「レミオロメン」と名付けられた。

      

最後に、旅行を計画したことのある人であれば一度はお世話になったであろう旅行雑誌「るるぶ」の由来を挙げる。「るるぶ」は、「見る」、「食べる」、「遊ぶ」の語尾を繋げて「るるぶ」と名付けられた。ちなみに、1984年に第一号が発行され、2010年には、世界で最も多くの号を発行している旅行ガイドシリーズとして、ギネス世界記録に認定されている。また、秋葉原を中心とした「もえるるぶ」などもある。

      

この他にも私たちの身の回りには、さまざまな言葉と由来がある。ぜひとも多くの言葉に注意を向け、興味があるものがあれば、その言葉の由来を調べてみてほしい。

           
    

ご案内

      

×印をクリックすると画面が閉じます。

    

シェア

      

        

                   
      

    

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 WEB限定