京の夏、祇園祭

    
      

動と静の美術館

             

 京都では毎年7月に祇園祭が行われる。これは日本三大祭りの一つに挙げられるほどの日本を代表する祭りである。今回はそのような祇園祭を紹介する。

      

祇園祭の起源は平安時代にさかのぼる。当時立て続けに発生した自然災害による社会不安が深刻化する中、全国の数を表す66本の矛に諸国の悪霊を宿し移らせた。そして諸国の穢れをはらい、神輿3基を送り、薬師如来を本地とする牛頭天王(ごずてんのう 日本における神仏習合の神)を祀り御霊会を執り行った869年が起源とされている。

      

祇園祭の期間は7月1日から31日まで。大きく前祭と後祭に分けられる。古来、神事の中心事となる7月17日の神幸祭(しんこうさい)と7月24日の還幸祭(かんこうさい)に合わせて山鉾巡行が行われるのが習わしになっている。7月14日から16日の前祭宵山では提灯が幾十となく灯され、祇園囃子がにぎやかに奏でられ夏の訪れを感じさせる。翌日17日の山鉾巡行、前祭巡行では23基の山鉾が四条烏丸から新町御池までを走り、24日の山鉾巡行、後祭巡行では、10基の山鉾が烏丸御池から四条烏丸までを走る。これらが祇園祭のメインイベントと言っても良いだろう。

      

山鉾巡行が「動く美術館」と言われるのに対し「静の美術館」と言われるものがある。それは「屏風祭」だ。屏風祭とは宵山期間中、山鉾町のそれぞれの個人宅や会社が格子を外して、秘蔵している屏風や美術品、調度品などを飾り、祭りに見物に来た人々にも通りから鑑賞できるようにしているものだ。山鉾町の洗練された伝統を守り、文化を大事にしたいとの思いで行われ、山鉾見物に合わせ見逃せない催しで、宵山期間中にはぜひ訪れてみてほしい。

           
    

ご案内

      

×印をクリックすると画面が閉じます。

    

シェア

      

        

                   
      

    

龍谷大学新聞社トップページ 過去発行紙一覧 第号(2017年7月号)